本文へ移動

さつき日記

RSS(別ウィンドウで開きます) 

福祉の仕事

2014-06-21
福祉の仕事とは、人を幸せにすること。自分が幸せでなければ人を幸せにできない。
こんな言葉を、何かで読んだことがあります。
 
先日、中学時代の友人のご両親が持っているセカンドハウスにおじゃましてきました。
4畳半くらいのかわいいログハウスです。お庭にはいろいろなハーブや可憐な草花があり、その片隅には友人の名前にちなんだ木が、ふさふさと葉をゆらしていました。
テラスで彼女手作りの昼食をいただきました。虫が遊びに来て、刺されないかとちょっとドキドキ。
彼女の幸せをおすそ分けしてもらい、私も幸せ。
 
こんな幸せを感じながら、仕事をしていきたいとおもいます。
 
(はま)

梅雨の晴れ間

2014-06-19
今日も卯辰山菖蒲園へ行ってきました。
菖蒲も紫陽花も満開!
私たちの笑顔も満開!
 
今回は4月のちょっといい話より。
・・・・・・・・
今はもう施設に入所された方の娘さんの話です。
お母様はデイサービスさつき苑を利用され、お父様は施設に入所されていました。お父様が入所される日、その娘さんは「毎日来るよ」と約束されました。そしてその娘さんは毎日通い続けました。お父様が娘さんの顔がわからない状態になってもずっと。
そしてお父様が亡くなり、お母様が入所されることになりました。娘さんは「自宅で生活することと施設に入ることと、どちらが母にとって幸せなのか」と深く深く迷いつつ。
その娘さんは今、きっと毎日、お母様の元へ通っておいでることと思います。
 
(はま)

今月の俳句

2014-06-16
土曜日の俳句の会の作品が仕上がったので、紹介したいと思います。
 
うつくしき あざみの花の 咲きほこり      (澄子)
 
気づければ バラの香りに 歩の止まり      (智加子)
 
鮎釣りに 心おどらし 夫(つま)笑顔      (外子)
 
紫陽花や 家元よりの ごませんべい       (千代)
 
 
来週、さつき苑に詩吟の会の方々が来てくださいます。
その際、この俳句を吟じていただく予定です。
楽しみがまたひとつできました。
 
(お宮)

今日のさつき苑

2014-06-14
今日の午後のレクレーションは、俳句の会、卯辰山菖蒲園ドライブ、茶話会の三部構成でした。
 
俳句の会。宮口先生と一緒に、遠足、ちょうちょ、薊(あざみ)をテーマに、一生懸命ひねりました。
 
菖蒲園ドライブ。今朝までの土砂降りがうそのように晴れ渡った空の下、お茶とエクレアを持ってでかけました。美味しい空気と満開の菖蒲が、一番のごちそう‼
 
茶話会。美味しいカフェオレとエクレアをいただきながら、日頃の思いや思い出話に花を咲かせました。
 
最後に一つ。格言クイズをしていた時のこと。
職員「失敗は」  利用者さん「成功のもと」
職員「地獄の沙汰も」  利用者さん「金次第」
職員「月日変われば」  ある職員「お仕置きよ」「?」
 
正解は「気も変わる」です。
漫画のセーラームーンなら「月に代わってお仕置きよ」ですが・・・
 
(はま)
 

1月のちょっといい話 

2014-06-13
いつも周りの人に配慮があり、人を楽しませることが大好きな90代の女性利用者さん。
やっぱり親子。その娘さんも人を楽しませることが大好き。
 
さつき苑大忘年会の日、その娘さん、口の周りにマジックで髭を書き、太眉毛にハゲかつら、なぜかしなびたおっぱいを着けて人形を背負い「逃~げた女房にゃ未練はないが~」と歌ってくださいました。
皆さん、おなかを抱えて大爆笑( ^^) _U~~
 
90代のお母様は職員と一緒に腹踊りを踊ってくださいました。
 
素敵な親子です。
 
(はま)
 
 
社会福祉法人 第三善隣館
〒920-0932
石川県金沢市小将町8番23号
TEL.076-221-0962
FAX.076-221-0961
0
3
2
2
1
7
TOPへ戻る