本文へ移動

あいいく日記

RSS(別ウィンドウで開きます) 

『2月お誕生会&節分豆まき』

2019-02-01
 今朝は白オニ雪だるまが皆さんをお出迎えです。
早朝に鬼さんたちが作っていったのかな!
 
 2月は3人のおともだちがお誕生日です。(ひとり、都合でお休みです)
いつものようにお歌のプレゼントやメダル型カードをもらいました。
インタビューにもとっても上手に答えてくれました。
 
 そして紙芝居「みみちゃんの鬼は外」を読んでもらい、
気分はもう、『節分』「おに・おに・おに・・・」
になったところで、
 
【おこりんぼ鬼】の登場です。「おこりんぼは、いねーかぁー!」
そして【なきむし鬼】も「泣き虫さん!ぼくの泣き虫鬼ヶ島に来てね」と大きな招待状を持ってきました。
「連れて行く子はいねーか?」
もう、遊戯室の中は大変です。
 
そこへ神さまの登場です。
「待て、待てー!この紋所が目に入らぬかー!」
「鬼は外!福は内!」パラッパラ、パラッパラ
「助けてくれ~」と、鬼たちの退散です。
 
 神さまから、外からの悪い鬼、心の中の悪い鬼を全部追っ払って、
強く優しくなること!
そして良い鬼もいること。
「大好きだから、みんなのために心を鬼にして、厳しくしてくれる人もいる」
 
 とっても真剣に、鬼が去った後だからか、お話をしっかり聞くことが出来ました。
 
最後に
お誕生月の二人は神さまと記念写真を撮りました。

『冬日和』

2019-01-30
「ゆきあそびがしたいよー!」
スキーウエアーも持参していつでも準備OK!なのに遊べるくらいには中々積もりません。
でも遊びたくって、先日少ない雪でもぞう組さんが泥んこになって楽しみました。
 
今日は最高の良いお天気『冬日和』です。
早朝は冷えたので、水たまりが厚い氷で輝いています。砂も凍って皆の作った砂山もカンカチカです。
 
水たまりの氷がマーブル模様でキレイでした。
iちゃんパパ曰く「皆が寝ている間に氷の妖精がお絵かきした」んだって!!!
 
以上児組とひよこさんが冬の優しいお日様に誘われて、スキーウエアーで園庭に出ました。
残った氷と雪で遊んだり、ゆったり日向ぼっこです。
冷たい空気と柔らかい日差しが仲良く握手しているみたいです。
「何だかイーイ気持ち♡」
 
うさぎ組さんにはたくさんの雪が降ったようです。
こんなに立派な大きな雪だるまの出現です☆
みんなのちぎり貼り絵ゆきだるまさんが今にも踊りだしそうですね。
 
ぞう組さんはもうすぐ来るかもしれない、
事前おに退治です。
豆じゃ小さいからボールで「おにはそと!」「おには来ない!」
 
それから「あれー、何だろう?」おゆうぎ室に謎の物体発見です!
「あれあれー、扉が空いているぞー、中に入れるのかな?」
何だか隠れ家のようです。
また完成したら、らいおん組さんに聞いてみますね。

らいおん組『卒園製作加賀友禅』

2019-01-24
『親子で加賀友禅型絵描きトートバック製作』を今年度から卒園製作に取り組むことになりました。
前日に加賀友禅のお勉強をして加賀の伝統工芸品や特産品をみんなで考え発表しました。
九谷焼や加賀友禅の基本色『加賀五彩』《藍・臙脂(えんじ)・黄土・草・古代紫》も覚えました。
 
 さぁ出発!
ワクワクお母さんやお父さんとお隣の「加賀友禅会館」で待ち合わせです。
お父さんお母さんの横に座り、一緒に制作説明を受けます。
 
 テーマ別(花・生き物・加賀色々・海・花火・その他)に100枚以上の型から5枚の型を親子で選びます。
次は配置を考えて色を描いていきます。筆の使い方も結構難しく、新聞紙の上でのばしてのばして描かないと滲んでしまいます。
(私は欲張って濃く着色したら滲んでしまいました)
みなさんはとっても上手ですごく綺麗に出来上がりました。
 
 龍やガンダムみたいなロボットなどの型もあり本当に皆夢中になってすごい集中力でした。
親子でたくさんのコミュニケーションをとり、とてもほほえましく笑顔いっぱいのひと時でした。
 
 みなさんの作品は卒園式後の受け渡し後のお楽しみにして、
恥ずかしながら私の作った作品を載せました。
 

らいおん組『お茶会①』

2019-01-24
1月23日、お茶会1回目です。
 
 前日からお勉強をしました。
お茶は4,000年前中国でお薬として飲み始めました。
日本には1,200年前に伝わったのですが、一般的に広がったのは安土桃山時代約500年前に、
千利休が日本独特の文化として茶道を展開していきました。・・・等々、お道具の名前やどんな気持ちで頂けば美味しいかなど、
みんなで予習しました。
 
 当日お昼、「和菓子の中島」さんから、この日のために作って頂いた上生菓子が届きました。
名『起上がり』、加賀八幡起き上がりこぼし人形を模したとってもかわいい美しい練り菓子です。
 
 さあ、白い靴下に履き替えて、心も「詫び寂び」の世界へ、3階和室へと階段を登ります。
 
 素敵なお着物で来て頂いた松本先生から、まず正座のおじぎの仕方から習い、
扇子を使っての挨拶の仕方、それを使って床の間点前で掛け軸やお茶花の拝見の仕方を教えて頂きました。
 
 そしていよいよ、「お運び」練習です。
まず、お菓子の持ち方を教えてもらい、ひとりひとり前まで静々と向かい丁寧に差し出します。
互いのことばかけもしっかりと、上手に出来ました。
 頂くときもお皿の上で切って、お菓子の断面も楽しんでお口に運ぶことが出来ました。。
 続けて先生が点ててくださった、お抹茶(お薄)をいただきます。
大切なものは胸の高さで丁寧に持って運びます。
お互いの挨拶がどんどん上手になってきました。
「ちっとも苦くない!美味しい!」と皆笑顔で飲み干していました。
 
 先生からも打てば響く、賢い子たちですね。と褒めて頂きました。
来月はなんと全員茶せんを使ってお茶を点てるそうですよ。
上手に出来るかな?!すっごく楽しみですね。

『1月10日子ども新年会&1月お誕生会』

2019-01-10
 
 
 年初めの二重にめでたい1月生まれの3人をお祝いしました。
インタビューにもとても上手に答えてくれて、立派な成長をみせてくれました。
 
 みんなで新年のご挨拶をして、
一番お世話になるご家族に「今年もどうぞよろしくお願いします」を心を込めて言えたかを確かめ、
お世話になってばかりではいけないね。
「自分のことは自分でしよう!」と誓いました。
 
そして、子ども新年会で為になる【お正月クイズ】を先生が出してくれました。
お正月に美味しいものをいっぱい食べた事を皆さんに聞いてから、
おせち料理の問題です!
 
*お煮しめ(野菜の炊き合わせ)
*栗きんとん
*かずのこ
*黒豆
*昆布巻き
*えび
を新年に食べると良いのか理由がわかる問題です。
お家でまた、お話をしてみてくださいね。
 
そのあと、先生手作りのおみくじを引いて、
お年玉プレゼントを全員もらいました。
 
とても楽しいひと時でした。
ことしも笑い声の絶えない元気いっぱいの1年になりそうです。
 
 
社会福祉法人 第三善隣館
〒920-0932
石川県金沢市小将町8番23号
TEL.076-221-0962
FAX.076-221-0961
0
2
5
3
5
5
TOPへ戻る